家づくりの流れflow

家づくりの過程で押さえておきたいポイントとは

家づくりの成功と失敗は、業者選び・資金計画・土地探しにかかっています。佐賀で理想の注文住宅づくりをお手伝いしている「建築サポート」では、施主様の理想を実現するための業者選びや資金計画、土地探しから施工完了までをトータルでサポートしています。こちらでは、特に重要なポイントについてご紹介します。

業者選び4つのポイント

業者選び4つのポイント

家づくりを行う際にハウスメーカーの展示場を見に行ったり、見学会などに参加するのはいいのですが、それだけを見て業者を決めてしまうのは早計です。理想の家をつくるためには、施主様の理想を正しく把握して建築に反映してくれる業者が必要であり、展示されたものを見るだけではそこまでしてくれるかどうかは判断できないからです。こちらでは、業者選びのポイントをご紹介します。

Point1.地元の業者を選ぶ

Point1.地元の業者を選ぶ

家を建てる地域によって、土地の特徴は大きく異なります。そのため、理想の家づくりをするために欠かせないのが、その土地を知っている業者です。建設予定地の近くにあって、なおかつ大工がいる業者を選ぶことで、その土地の特徴に合わせた家づくりがしやすくなります。

Point2.話をしっかり聞いてくれる

Point2.話をしっかり聞いてくれる

家づくりを行う業者は、いわば理想を実現するための「パートナー」です。だからこそ、施主様の意見にしっかりと耳を傾けてくれる業者を選びましょう。一方的に意見を押し付けられたり、特に代案も出さずに施主様の希望を否定したりする業者ではパートナーにはふさわしくありません。

Point3.普段の現場を見ましょう

Point3.普段の現場を見ましょう

業者の目星がついたら、まずは普段の現場を見せてもらいましょう。実際にどのように施工しているのか、職人の質はどうなのか、見えてくることがたくさんあるはずです。現場での対応なども、気になることがあれば事前にしっかり聞いておきましょう。

Point4.社長と話をしましょう

Point4.社長と話をしましょう

どの業者も、社長と話をすることで何を重視してどんな想いで家づくりをしているのかがわかります。大手ハウスメーカーでは難しいことですが、小規模の業者であればしっかりと話をしたうえで選ぶことができます。

資金計画3つのポイント

資金計画3つのポイント

お金がなければ家は建てられません。理想の家づくりを実現するためには、実際にどれくらいの金額がかかるのかを可能な限り正確に知っておく必要があります。そして、施主様自身の予算も把握しておくことが大切です。

Point1.総予算を知る

Point1.総予算を知る

まずは家づくりで使用する総予算を知っておきましょう。総予算は、自己資金とローン借入可能額の合計で決まります。年収に対する年間返済額を12ヶ月で割って毎月返済額を決定して、ローン借入可能額を算出し、返済プランを正確に計算してみましょう。

家づくりの際にはローンを利用するのが基本ですが、その時には無理がない計画を立てたつもりでも、出産や進学など状況が変われば計画にズレが出てきてしまいます。資金計画を立てる際には、将来のライフサイクルまで念頭に置いて考えることが大切です。

Point2.総費用の20%は自己資金で

Point2.総費用の20%は自己資金で

住宅ローンにはさまざまな商品があり、頭金なしで借りられるものや建築費の90%まで融資してくれるものまであります。しかし当然ながら、借入額が増えれば毎月の返済額は増えていき、家計への負担も増加していきます。理想の家づくりのために生活が立ち行かなくなっては本末転倒です。

無理のない返済計画を立てるためにも、自己資金はできるだけ多く用意することが大切です。総費用の20%程度あれば理想的です。万一の時のための生活費や修繕費なども手元に残しておきながら、無理なく返済できる方法を探りましょう。

Point3.本体工事費以外の費用も知っておく

Point3.本体工事費以外の費用も知っておく

家づくりにかかる費用は、本体の工事費だけではありません。他の費用も決して小さなものではありませんので、工事費だけを見て予算を決めるのは危険です。土地や建物関係の費用以外にも、ローン保証や税金といった諸経費や引っ越し費用なども必要になります。まずは担当者にしっかり相談をして、全体的な費用を把握しておきましょう。

土地探しの優先ポイント2つ

土地探しの優先ポイント2つ

建物と同じか、それ以上に住まいの住み心地を左右するのが土地です。家づくりの前にまず土地探しをする方も多いのですが、土地が決まっていると建物の間取りに制限が出てくることもあります。また、土地にこだわりすぎて資金が足りなくなる可能性も考えられます。まずは優先することを決めたうえで土地探しをしましょう。

Point1.理想の空間づくりを優先したいなら

Point1.理想の空間づくりを優先したいなら

例えば、理想の家づくりの条件に「日当たりのよさ」や「自然の多さ」などを入れるのであれば、そんな条件をクリアできる土地探しを行う必要があります。住みたいエリアがある場合でも、実現したい住空間を優先するのであれば、できるだけ条件に合う場所を探してみましょう。

Point2.利便性の良さを優先したいなら

Point2.利便性の良さを優先したいなら

子育てなども考えると、利便性の良さも重要になってきます。ただし、駅の近くなどは価格が高くなりますので、予算の範囲内に収めるためには狭い土地しか買えなくなってしまうこともあるかもしれません。

ご注意! 整備の必要がある場合には

ご注意! 整備の必要がある場合には

実は、土地の状態によっては家づくりを行うまえに整備のための工事を行わなければならないことがあります。予算に合う理想の土地が見つかったと思いきや、工事で思いがけない出費がある可能性もあるのです。こんな土地は整備の必要があるため、注意しましょう。

  • 高低差がある土地
  • 上下水道やガスなどが引き込まれていない土地
  • 水場が近く地盤がやわらかい土地